サーフィン

女子が魅せたサーフィン世界大会1〜2日目を見に行って来た。ウミヤマレポート 

ピンクのビキニ

2019年9月7日〜15日まで宮崎県宮崎市の木崎浜でISA ワールドサーフィンゲームスが開催されました。
来年の東京オリンピックのサーフィン種目の代表選手になるためは、この大会に出場することが一つの条件になっており世界各国のトップ選手が宮崎に集結しました。

期間中前半の女子試合の様子を写真でレポートします。

オーストラリアのサリーちゃんかな?
サリーちゃん

この南アフリカのコーチずっとカメラクルーが張り付いて取材されてました。
選手じゃなくてコーチの方にね。
別の日に日南の某ポイントで会って挨拶したんだけど、やばいくらいサーフィン上手かった。そうとうパワフル。あんまり上手いからびっくりした。

南アフリカ

ロシアチーム。ロシアもサーファーいるんですね。
ロシアずーと頑張ってた大会専属(たぶん)のカメラマン。パブロ(たぶん)
カメラマン

バックサイド 会場の様子

美しい
ピンクのビキニ

ピンクのリップ

アメリカのキャロライン・マークス

重心の低いパワフルなサーフィン

オッキーっぽいスタイル

まだ若いんですよね。

質の高いターンを繰り返してました。

貫禄のアメリカチーム

日本の脇田さん

お父さんは脇田貴之さん

クセのないきれいなサーフィンでした。

まだ15歳。

さらに活躍が期待できそう!

 

日本チームみんなで応援してました!良い雰囲気。
けど大野マーさんは終始厳しい表情。コーチなのかな。


日本の頼もしいサーファーたち


ライブ会場はたくさんの人で賑わってました。

1日目の最後はDef techが盛り上げました
個人的は2日目のRickie-Gステージが素晴らしかったですが、聞くのが楽しかったんで写真はなかった。

ABOUT ME
umiyama
中学2年の時に波乗りの魅力に取り憑かれ練習に明け暮れた10代 19歳の時にワーキングホリデーを利用してオーストラリアのトップクラスのサーファーが集まる町(クーランガッタ)でたくさんの刺激を受けながら1年過ごす。 鹿児島市で3年過ごした後に24歳から種子島へ移住。 30歳から地元宮崎へ戻り現在は日向市在住。
Thanks for reading.Keep ripping.