最近買って良かったもの

筆者も購入したNiz キーボードがアツい!東プレ、HHKBだけじゃない 知ってはいけないキーボード沼の世界

キーボードのサムネ

Niz キーボードって何?

何も知らない方のためにざっくり説明すると
Niz キーボードは

・打ち後心地がいい
・静電容量無接点方式
・値段が高い
・他の静電容量無接点方式のキーボードに比べると安い
・静電容量無接点方式なのにキーキャップを交換できる

以上です。

ウミヤマくん
ウミヤマくん
さあ、ここから先も読みたいというアナタは、キーボード沼という奇妙な世界に迷い込んでしまうかもしれません。

キーボード沼というキーワードや
静電容量無接点方式というキーワードにピンと来ないという方もいるかと思いますが

ウミヤマくん
ウミヤマくん
詳細な説明はガッツリキーボード沼にハマっている方の記事が面白かったので紹介します。

静電容量無接点方式のキーボードを販売しているメーカーは少ない

・東プレのREALFOCE
・PFUのHHKB(Happy hacking keyboard)
・Niz
などなど

静電容量無接点方式の特徴は、物は良いけど高い!

静電容量無接点方式のキーボードは
・打鍵感が良い
・打鍵音が静か
・耐久性が高い
・高額

高級キーボードを購入しようとする人にとって、最も重要なのは打ち後心地「打鍵感」だと思います。
最高のタイピング体験を求めて、静電容量無接点方式のキーボードを選ぶ方がほとんどでしょう。
しかし、購入を検討されている方にとって1番気になるのはその値段の高さでは無いでしょうか?

一般的に3000円程度で買えるキーボードの10倍近い値段で売られているキーボードを買うのはかなり勇気がいりますよね。

散財系YouTuberなおしまちゃんとトバログさん

ウミヤマくん
ウミヤマくん
以前からMacの純正キーボードが打ちにくいなと感じていたんですけど、特に買い換えようとも思ってませんでした。
しかし、あるYouTuberの動画を見たことによって不思議なキーボードの世界に迷い込んでしまいました。

ウミヤマくん
ウミヤマくん
ガジェット系のYouTuberのトバログさんのHHKBの良さを語る動画もかなり参考にしました。

ウミヤマくん
ウミヤマくん
筆者の周りには静電容量無接点方式を採用したキーボードを展示している店舗がなく、ネット上でのレビューを参考にすることしかできなかったんですが,レビューを見れば見るほど静電容量無接点方式のキーボードを使ってみたくなる洗脳状態になってしまい、あっという間に購入ボタンをクリックしてしまいました笑

Niz plum 68 (Bluetooth有り/RGBバックライト無しタイプ)

ウミヤマくん
ウミヤマくん
そして僕が購入したキーボードがこちらです

よりコンパクトなキーボードが欲しい方にオススメなのはこちらNiz plum66

Niz plum 68を1週間使ってみた感想

見た目は正直普通

niz66
値段の割に安っぽいという話はよく言われることがですが、さらに見た目を豪華にしてこれ以上値段が高くなるよりは今の値段のままがいいし、今のままでもレトロ可愛いスーパーファミコンみたいな感じで意外と好きです。

実は、今時のキーボードはめちゃめちゃかっこいい

ゲーミングキーボードの写真

今人気のあるバックライト付きのゲーミングキーボードはめちゃくちゃカッコいいです。
総じて地味な見た目の静電容量無接点方式のキーボード達が派手なゲーミングキーボードに見た目で勝つのは無理ゲーです。

ウミヤマくん
ウミヤマくん
筆者もパソコンショップにキーボード探しの旅に出て、ゲーミングキーボードの派手な見た目とカチカチするスイッチ感のあるキーボードがかなりカッコ良かったのでかなり気持ちが揺らぎました。

静電容量無接点方式の中でも見た目の違いはある

東プレのキーボードは大きいし野暮ったい感じがするんですよね。

たとえ高級感があると言われているHHKBのキーボードも35000円もするキーボードだと言われて納得する人はいないと思います。

created by Rinker
HHKB
¥35,200
(2021/10/18 02:55:34時点 Amazon調べ-詳細)

ウミヤマくん
ウミヤマくん
今後はキーキャップを変更することも考えていますが、その点でもNizはキーキャップの変更がしやすいMX Cherry 軸を採用しているので選択肢の幅が広くて良いですね。しばらくしたらカラフルなキーキャップにカスタマイズしてみたいと思っている筆者にとって見た目も気に入ったのはNizでした

打鍵感

とても静か(おそらくHHKBのType-Sより静か)
カチャカチャしない
シュコシュコ、コトコト
打鍵感はイメージしていた通り
今まで打ったキーボードの中で一番軽いタッチで入力できます
特に小指で操作するキーの入力に力がいらず、長い時間入力する時の疲労が軽減されると思います。

Niz の押下圧は35gでかなり軽い

軽すぎると感じる方のために、10g押下圧をカスタマイズできるバネが付属していました。

東プレの変荷重キーボードみたいに中央部だけ45gにカスタマイズしてみても良いかもと思ってます。

最近自宅のキーボード(Macの純正Magic keyboard)で作業するのが億劫になってしましました。また、ブログを書くきっかけに慣れば良いと思い新しいキーボードを買ってみたんですが、このところキーボードを叩きたくて文章を書くという静電容量無接点キーボードあるあるを早速体験できていて買って良かったなと思ってます。

ここ数日使ってみた印象

・軽い打鍵感で小指を使った操作が楽になった
・キーボードの配列のせいか、ショートカットキーを使いやすくなって操作が楽になった
・ホームポションが崩れにくくなって打ちやすくなった

これまでは、手首のスナップを使ってタンタン打っていたんですが、軽く打てるようになって手を上下させないで文字を打てるようになって印象があります。

ウミヤマくん
ウミヤマくん
しばらく使ってみてまたレビューしたいと思います。

今のところめちゃめちゃ気に入ってます。

Niz atom 68 のキーキャップを変えてみた!コスパ最高でポップなキーキャップはコレ! Nizに合うキーキャップを見つけた。 今回Niz atom 68のキーキャップを変更するために購入したのがこちらです。 ...
ABOUT ME
umiyama
中学2年の時に波乗りの魅力に取り憑かれ練習に明け暮れた10代 19歳の時にワーキングホリデーを利用してオーストラリアのトップクラスのサーファーが集まる町(クーランガッタ)でたくさんの刺激を受けながら1年過ごす。 鹿児島市で3年過ごした後に24歳から種子島へ移住。 地元宮崎へ戻ってからは、サーフィン、キャンプなどを楽しみながら自分の好きな海や山のあそびを発信しています。
Thanks for reading.Keep ripping.