アウトドアギア

スノーピーク チタンスキットルM 使用1年後のレビュー

手持ちの画像アイキャッチ

 

ウミヤマくん
ウミヤマくん

たくさんお酒を飲むタイプではないんですが、数年前から急にウィスキーを飲むようになりました。

節約になりそうだと思ってハイボールを作って飲んでましたが、ある時ストレートで飲んでみたら意外と飲めるし、美味しい事に気が付いてそれ以来、ウィスキーをストレートで飲むようになりました。

ウィスキーはソロキャンパーにぴったり

少しでも荷物を減らしたいキャンプの時に、ビールをどのくらい持って行くかべきか悩む事がありました。そして出来たら冷やして持って行きたいからクーラーボックスとか保冷剤もいるよねって

ドンドン荷物が増えてしまうのでした。

でも、ウィスキーが好きになって気が付いたんです。

ウミヤマくん
ウミヤマくん

「ウィスキーってソロキャンプに最高じゃないか!」

 

ウィスキーがキャンプ向きな理由
  • 度数が高いので飲む量が少なくても酔える
  • 常温で保存できるので、冷やしておく必要が無い
  • 「一応予備で♪」で無駄に持ち運ぶお酒が減らせる
  • 少量を常温で飲むから体が冷えにくい
  • 焚き火を眺めながらウィスキー飲む、ワイルドな自分にニヤける
鉄鍋で調理直火上から見た

ウィスキーを入れる容器はどうする?

キャンプに行く時にお気に入りの銘柄のボトルでそのまま持っていくこともありますが、重いし割れる心配があるので専用の容器が欲しくなりました。

コスパで考えたら

  • ウィスキーのミニボトルの空き瓶
  • 小さめのペットボトル容器

でした。

それで、試しに持っていってみたんだけど、なんか雰囲気が出ない。

なんかカッコイイ容器はないものか?と探し始めました。

全力でカッコつけたいならスキットル一択!

ペットボトルに入れて持っていけば割れないし、軽いし、漏れる心配もない。

だけど、「やっぱそうじゃないでしょ!」

全力でカッコつけたい!誰も見てないんだけど、そこは自己満足の世界。

「昔見た映画の中でタフガイが金属製の薄い水筒みたいなヤツ使ってたよな」

「よし買おう金属製の曲がったアレ!」

「でも、アレの名前なんていうだっけ?」

調べてみたらスキットル(skittle)またはフラスコ(flask/hip flask)と言うらしい。

そして調べて、候補に挙がったのは

ノーブランドのステンレス製スキットル

スタンレーのステンレス製スキットル

カジュアルな見た目でオシャレですね↓

バーゴのチタン製スキットル

本体と蓋の間にジョウゴがついてます↓

created by Rinker
バーゴ
¥8,120
(2020/08/06 21:33:23時点 Amazon調べ-詳細)

スノーピークのチタン製スキットル

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥15,620
(2020/08/06 21:33:23時点 Amazon調べ-詳細)

Nalgene の125mlボトル(補欠枠)

そして、迷いに迷った挙句選んだのは、、、、、

スノーピーク チタンスキットルM

選んだ理由
  • 耐食性の高いチタン性が欲しかった
  • 見た目がシンプルでカッコ良かった
  • ずっと使うんだから「一番高いやつモッテコーイ!」

公式のサイトはこちらスノーピーク チタンスキットルM
筆者が購入した数年前は13000円(税込)くらいだったような気がしますが、現在の価格は↓

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥15,620
(2020/08/06 21:33:23時点 Amazon調べ-詳細)

そして現物はこちら

手に持ったフラスコ

 

ウミヤマくん
ウミヤマくん
「クゥーーーシブイ!!」

公式サイトの写真はかなりツルッとした光沢のある印象だけど、実物はスノーピークのチタンマグに似たマットな仕上がり。

snow peak のロゴも控えめに下の方に1つだけ。

 

裏側もシンプル

スキットルの裏

 

フタは鏡面仕上げでステンレスっぽいけど、チタン製らしい。

もしボディー部分と同じようにマットな仕上げだったら滑りやすくて開けにくかったかも知れない。

スキットルのふた

 

フタの内側にシリコン製の丸い板が張ってあるから漏れることは無かった。ネジ山が細かいのでフタを締めるためにけっこう回さないといけないから、直飲みする人は開け閉めが結構面倒。

スキットルの飲み口

 

底には[titanium MADE IN JAPAN]と刻印。スノーピークの製品はこの文字を目立つところに表記しがちだが、底に表記して正解。スキットルはシンプルな方が格好良いから。

底の画像

 

純正の袋の内側はメガネ拭きみたいに柔らかい起毛素材でできているから、指紋や軽い汚れなら出し入れするだけできれいになる優れもの。スキットルは見た目がハードボイルド過ぎるから人目に付く場所では袋があった方が絶対いい。

外袋

 

スキットルを入れた状態ではジョウゴなど小さいものを入れる余裕はない。ジョウゴを常に持ち歩きたい方はバーゴがオススメ。

外袋とボトル

 

付属品の純正ジョウゴ(漏斗)は小さすぎて使いずらいし、純正の袋にも入らない、家でしか使わないから100均で大きめのモノを追加。

上戸

 

コンビニなどでよく見かけるミニボトルと見た目を比較

おもむろに取り出した時の印象で言うと「紳士とアル中」くらい差がある。

空き瓶と比較

ウィスキー初心者には
2500円以上の銘柄がオススメ

僕の好みですが

ジョニーウォーカーブラックが飲みやすくて好きです。

値段は700mlで2500円くらい。他にも銘柄はたくさんありますがストレートで飲むには12年くらい寝かせたものがオススメです。

created by Rinker
¥2,197
(2020/07/21 14:54:16時点 楽天市場調べ-詳細)

グレンフィディックは香り豊かで、優しい口当たりでオススメ

created by Rinker
GLENFIDDICH(グレンフィディック)
¥3,608
(2020/08/06 21:33:24時点 Amazon調べ-詳細)

初めは安いお酒から試してみたくなりますが、ウィスキーに慣れていない人ほど2500〜3000円くらいの評判の良いウィスキーから試してみると良いと思います。

ショットグラスもチタン製が欲しかった

直飲みする道具のイメージが強かったけど、ショットグラスがあった方が何かと便利だと思ったので買っちゃいました。

とにかくチタン製のものが欲しくなっちゃう僕はチタン勢です。
「ウィスキーちょっと頂戴♪」なんて言われることが多いので、2個セットなのはうれしいですね。

まとめ

1年使ってみた感想
  • 所有感バリバリ、買ってよかった!
  • スキットルがお気に入りだと酒が美味く感じる
  • ウィスキーを入れたままにできて楽(チタン製は劣化しにくい)
  • キャンプでのお酒の準備や保管が楽
  • 洗浄はお湯と洗剤でシャカシャカでOK
  • 他の人にもウィスキーを飲ませてあげたいから直飲みはせずに、ショットグラスを使っている
  • 直飲みするならNalgeneの60mlがオススメ
  • 旅行先や移動中にお気に入りのウィスキーをこっそり飲める幸せ
熾火の様子
ウミヤマくん
ウミヤマくん
焚き火を眺めながら、おもむろにスキットルを取り出してチビチビしてます。
ABOUT ME
umiyama
中学2年の時に波乗りの魅力に取り憑かれ練習に明け暮れた10代 19歳の時にワーキングホリデーを利用してオーストラリアのトップクラスのサーファーが集まる町(クーランガッタ)でたくさんの刺激を受けながら1年過ごす。 鹿児島市で3年過ごした後に24歳から種子島へ移住。 地元宮崎へ戻ってからは、サーフィン、キャンプなどを楽しみながら自分の好きな海や山のあそびを発信しています。
Thanks for reading.Keep ripping.