サーフィン

ウミヤマのサーフィン上達法でサーフィンが簡単になるワケ

ウミヤマくん
ウミヤマくん
こんにちは、サーフィン大好きウミヤマです。
これまでたくさんの場所でいろんな道具を使って波乗りしてきました。
その経験から楽しく波乗りするためにたくさんの知識やコツを得ることができました。

サーフィンのコツとは?

サーフィンのコツを一言で言うなら

波にあわせる

ことです。

サーフィンの教科書は波であり、海が教えてくれます。

TEXTBOOK

ただ困ったことにそれを読み取ることが難しいんですよね。

特に、日本の不規則で力のない波

海外の有名ポイントの波に乗るトップサーファーのビデオをお手本に

コンテストで勝てるように数多くターンの練習をすることで

サーフィンをより複雑に難しいものにしていませんか?

SMALL WAVES

 

サーフィンは経験年数と実力が比例しない不思議なスポーツです。

いつか上手くなるだろうと思いながら何年も過ぎている方が多いのではないでしょうか?

上手いサーファーたちは波の変化を感じ

瞬時に判断して体を動かして板を操って

波にあわせます。

A LADY RIDING WAVE

上手くなりたい、勝ちたい!

僕は以前こんな風に考えていました。

  • 上手い=大会で勝つ 
  • 上手い人が使う板=上手くなれる板 
  • ボリュームのある板に乗ることはズルい
  • ロングボードに乗るとショートボードが下手になる
  • 波が悪い時に技ができなければ意味がない

そして、上達しない自分にいらだっていました。

本当は楽しいはずのサーフィンをしているはずなのに

 

でもそんな考え方を変えて

  • もっと楽しく好きなように
  • 自分ができるサーフィンをやれば良い

って思うようになってから

ウミヤマくん
ウミヤマくん
サーフィンが簡単になりました。

 

上達の近道はもっと波乗ること!ボリュームのある板でテイクオフを丁寧にやるだけでサーフィンは大きく変わる。

サーフィンが難しいのは、個人の経験や体力、持って生まれたセンスが大きく影響するためです。そして、サーフィンする環境も大きく影響します。

波は常に変化するため、たくさんの波、さまざまなサイズ、ポイントで波に乗って経験を積むことが重要です。

適正ボリュームの板を使っているのに、乗れないのはなぜ?

ロングボードでやっと乗れるような小波に適正ボリュームと呼ばれる薄い板でサーフィンする日本の常識は状況をより複雑にしています。

SHORTBOARDERショートボードは海外のパワフルな波に対応しやすいデザイン

 

ラッキー
ラッキー
どうせ、適正ボリュームの板で乗れない僕が悪いんでしょ。

ウミヤマくん
ウミヤマくん
そんなことないよ。もっと楽していいよ。波に合わせて道具を選ぶことはサーフィンの大切な技術の一つ。その日のコンディションで自分がいちばん楽しめるボードを選ぶことが大切だよ。

<中級者向け>ツインフィン・フィッシュってどんな板?

 

ウミヤマのコーチングはテイクオフにこだわります。

力を抜いてテイクオフ

滑り出したら止まらないテイクオフ

より大きくて、掘れた波にテイクオフ

それが1番の上達への近道だと考えています。

ウミヤマくん
ウミヤマくん
いい波に乗ればあとは波が教えてくれるのがサーフィンです。

テイクオフの瞬間に見える景色はコレ (パーリングを防ぐテイクオフのコツ)

あなたに「伝わる」サーフコーチ

世の中には上手いサーファーがたくさんいます。

でも、上手いサーファーが教え上手とは限りません。

TEACHER

ウミヤマくん
ウミヤマくん
彼らは、大学教授のようにサーフィンや海を知り尽くしていますが大学教授も研究は得意でも、教えることが苦手だったりします。そして相手が小学生、幼稚園生ならもう大変です。何がわからないのかわからないんです。

相手の目線で分かる言葉、感覚で伝えることができたら最高ですよね。

ウミヤマくん
ウミヤマくん

あなたにとって分かり易いサーフコーチを目指しています。

「3:7の後ろ荷重で?」

僕自身は、雑誌やビデオなどで語られている上達法にずっと疑問を抱いてきました。

「これ本気で言ってるのかな?」

「どうして上手い人たちはわかりやすく教えてくれないんだろう」

「どうやったら伸び悩むサーファーに上達法をわかりやすく伝えられるだろう」

「多くのサーファーが難しいやり方でサーフィンをしている」

「もっとシンプルにサーフィンすればもっと楽しいことを伝えたい」

と考えるようになりました。

自分の中にある独自の上達法をわかりやすく伝えることで

そしてたくさんの人の役に立てると考えています。

上達する喜びを共有したい

これまで自分の近くにいる友人にサーフィンのコツを伝えることを楽しみとして10年以上経ちました。

友人たちが上達することが自分にとっても嬉しくて、もっとたくさんの人に波に乗る楽しさを共有したくなりました。

サーフィン上達法を以下のようなブログにして発信しています。

力の抜けたテイクオフが出来るようになる体重移動 

あなたが人生初のチューブライドをメイクするために知っておきたいこと

極上の波を求めるサーファーなら知っておきたいうねりの周期の話

このブログ(カテゴリー:サーフィン)では、

初級〜中級サーファーの伸び悩むあなたのために

色んな角度から役立つ情報を提供していきたいと考えています。

あなたにとってサーフィンがもっとカンタンに、もっと楽しいものになるように!

無料サーフコーチング

やってます!

 

ABOUT ME
umiyama
中学2年の時に波乗りの魅力に取り憑かれ練習に明け暮れた10代 19歳の時にワーキングホリデーを利用してオーストラリアのトップクラスのサーファーが集まる町(クーランガッタ)でたくさんの刺激を受けながら1年過ごす。 鹿児島市で3年過ごした後に24歳から種子島へ移住。 地元宮崎へ戻ってからは、サーフィン、キャンプなどを楽しみながら自分の好きな海や山のあそびを発信しています。
Thanks for reading.Keep ripping.