サーフィン

[初心者サーファー必見]テイクオフが驚くほど速くなる!腹ばいの体重移動 

テイクオフ時の体重移動 (9)

ラッキー
ラッキー
他の人たちは楽に漕いで乗れてるのに、僕は力一杯漕いでも波においていかれるんだ。

ウミヤマくん
ウミヤマくん
始めたての頃はパドリングだけ一生懸命になりがちだよね。
上級者はほとんど無意識だけど、抵抗が少なくなるようにボードをコントロールしているんだよ。
今回はそのボードコントロールの前後の体重移動について説明するね。
まず、初心者にありがちなテイクオフをイラストで見てみよう。
テイクオフ時の体重移動 (5) テイクオフ時の体重移動 (4)
ウミヤマくん
ウミヤマくん
ラッキーはパドリングの時に少しテールよりに乗ってるけど、もう少し前に体をおいた方がいいよ。
ラッキー
ラッキー
いろいろ試してみたんだけどさ
前に体をおくとパーリング(水面にボードが刺さる状態)しやすくなるから、ちょっと後に乗るように工夫してるんだよ!
ウミヤマくん
ウミヤマくん
たしかに、パーリングは初心者が乗り越えたい最初の難関だよね!
でも、パーリングを避けるために後ろに荷重するのはおススメしないよ。
ある意味、スピードをロスして逆効果なんだ!
パーリングを防ぐコツは別の記事に書いてあるからそれも読んでみてね。
eye catch of taking off
テイクオフの瞬間に見える景色はコレ (パーリングを防ぐテイクオフのコツ) 立ってから横に進むのではなく、横に進みながら立つ 腹ばいのまま波に乗り、横に滑る S...
ウミヤマくん
ウミヤマくん
この記事ではスピードのあるテイクオフに重要な「パドリング時の前後の体重移動について」書いていくね。

体を乗せる位置で前後バランスを取る

テイクオフ時の体重移動 (1) テイクオフ時の体重移動 (3)
ウミヤマくん
ウミヤマくん
ボードに体を乗せる見た目にはわずかな違いだけど、テイクオフには大きな差が出るよ

体の反りも使ってバランスを微調整する

パドリング時に前後バランスを調整することはとても重要です。
体を乗せるポジションはもちろんですが、体の反りを使って波に合わせて前後バランスを取りましょう。

ノーズが沈んでしまって、一見バランスが悪く見えますが
胸をしっかりつけても、ノーズが沈まない時は体の位置が後ろすぎるかも知れません。

ウミヤマくん
ウミヤマくん
テイクオフの時にはあえて、前の方に乗って上体の使い方でバランスを取るようにしてるよ

スピードが上がるのに合わせて前荷重に

スピードが上がるにつれてノーズが浮き上がりやすくなります。
ノーズが浮き上がるということは反対にテールが下がりスピードロスにつながります。
スピードが上がるにつれて前荷重にすると効率よくパドリングできます。

力の抜けたテイクオフのまとめ

  1. 通常のパドリング時よりやや前に乗る(ウミヤマはノーズが沈むくらい前に乗る)
  2. 上体を強く起こして、ノーズを上げてパドルリング開始
  3. 進みだしたら、ノーズが沈まなくなるので上体の力を抜いてパドリング
  4. 波に押され始めたら、タイミングを合わせてより上体の力を抜いて(胸をつけて)前荷重
  5. 前荷重を崩さずパーリングをしないように方向を変えながらテイクオフ
ウミヤマくん
ウミヤマくん
イラストもあわせて確認していこう
テイクオフ時の体重移動 (8) テイクオフ時の体重移動 (8) テイクオフ時の体重移動 (9)
ラッキー
ラッキー
タルい波ならこれでうまく行きそうだけど、ホレた波でこんなこと出来そうにないな。
ウミヤマくん
ウミヤマくん
ホレた波ほどしっかり波とタイミングを合わせて、一瞬で加速して乗れるようになるよ。
最初は滑り出すタイミングが早くなって恐いかもしれないけど、すぐに慣れるよ。
ABOUT ME
umiyama
中学2年の時に波乗りの魅力に取り憑かれ練習に明け暮れた10代 19歳の時にワーキングホリデーを利用してオーストラリアのトップクラスのサーファーが集まる町(クーランガッタ)でたくさんの刺激を受けながら1年過ごす。 鹿児島市で3年過ごした後に24歳から種子島へ移住。 30歳から地元宮崎へ戻り現在は日向市在住。
Thanks for reading.Keep ripping.